できるだけ税金を払わない方法を車検という仕組みから考える

古い車ほど税金が高くなる

日本には車検の制度がありますが、車検は車の重さによって税金が変わってきます。いわゆる重量税というものがあり、この税金は車の重さによって5000円から2万円ぐらい変化します。できるだけ節約をしたければ、重量が1000キロ以内の車に乗るべきです。また、車の保有期間によって維持費が変わってきます。車を新車で購入した時から13年経過している場合には重量税が15パーセントほど高くなってしまいます。この現状をどのように考えたらよいでしょうか。

長く乗るのは損ということ

自動車を所有している人は、昔に比べて頻繁に車を買い替えたりはしません。景気の良かった頃は、3年に一度車を交換している人も多かったのです。ところが、景気が悪くなってからというもの、新車を買う余裕がなくなり1台の車を何年も乗り続けている人が多くなっています。一つの物を大切にするという考え方は悪くありませんが、13年を越えると重量税が上がりますので、あまり長く乗り続けるのも賢明ではありません。車検を意識すると、5回目以降の車検は通さずに新車を買った方がよいかもしれません。

国が重量税を挙げる理由

そもそもなぜ13年経過した車の重量税が高くなるのでしょうか。普通は一つのものを長く使い続けた方が安くなるはずです。例えば固定資産税は、年月が経過した住宅ほど安くなっていきますね。車検の時の自動車税が高くなる理由は、単に車を新しく買い替えて欲しいからではないでしょうか。昔の車ほど燃費が悪く環境に良くないということで、重量税を上げるようにしている可能性が高いです。その根拠は、エコカーほど重量税が安いからですね。

自分の車を車検に出す時は、不必要なところまでやってしまうと料金がかさんでしまうので、必要最小限にしておくと良いでしょう。