どうして車検はこんなに高い?その理由と安くする方法

車検ってどんなもの?

車検は新車の場合には購入後3年目に、新車以外の場合は2年ごとに行わなければいけないものです。車検を受けることは法律によって定められており、車検が切れたままで車を運転していると6か月以下の懲役または罰金30万円の支払いを行わなければいけません。車検は公道を走るための基準を満たしているかどうかをチェックするためのもので、基準を満たしていない車の場合にはきちんと整備を行わなければ再び公道で走ることはできなくなってしまうものです。

車検が高い理由って?

車検は一度受けることで10万円以上かかってしまうこともあります。なぜこんなに高いのかというと、車検の時に自動車重量税、自賠責保険料の更新、検査手数料、整備料などが全て含まれているからです。ディーラーや車検専門店などがまとめてこれらの処理を行ってくれるので、ユーザーは車検の費用としてこれらの費用を一括で支払っているというわけです。一つずつはそう高いものではないのですが、全てをまとめてしまうので高額になってしまうのです。

どこで車検を受けるべき?

車検を受けることができる場所は多くありますが、やはり車検は安く済ませたいものです。一番安くなるのは自分で検査場に持って行って車検を行うユーザー車検ですが、車検に通らなかった時には自分で車の整備を行う知識がなければ難しくなります。車検専門店などは費用が安いところが多く、整備が必要になった場合にも純正以外のパーツを使うことで整備のための部品の費用を安くすることができます。一番高くなる傾向にあるのはディーラーですが、そのメーカーの車に一番精通しているので、車検後の車の使用にも安心感があります。

車検が切れた時にはすぐに車に乗るのをやめて、速やかに車検を受けることが必要です。そのまま乗るのは法律違反になります。