自分でチェックができる!車検通過に必要なチェック!

警告灯を確認しましょう

自動車には必ず警告灯がありますが、普段はあまり気にしないでしょう。しかし、車検時には警告灯が正常に点灯するかを確認することになります。警告灯は正常に点灯すると車検に通過するために警告灯が点灯したままでも車検に通過することがありますが、万が一警告灯が点灯している場合には自動車に異常があることを示しているために、他の異常で車検に通過しない場合があります。

警告灯は点灯だけではなくて、色も国際規格で定められています。

排気ガス検査を通過しましょう

車検場では排気ガス検査をしますが、これは、自動車から排出される排気ガスの量を検査します。ディーゼル車やマフラーを改造している自動車以外なら問題なく通過するため、ほとんどの人が簡単に通過するでしょう。万が一、排気ガス検査で不合格になった場合には、排気ガス検査の前にエアコンをつけてエンジンを温めておくことで検査に通過できるでしょう。それでも排気ガス検査で不合格になった場合には車検場の周辺には必ずテスター屋さんがあるので、テスター屋さんで排気ガスを調整してもらうことで排気ガス検査に通過することができます。

光軸はテスター屋さんで調整してもらえます

最も車検で不合格になりやすい検査工程はヘッドライトの光軸でしょう。光軸はライトの角度ですが、自分で光軸を調整することは非常に難しいために、光軸がズレている場合にはテスター屋さんに調整してもらうしか方法がありません。

光軸の調整をテスター屋さんに頼むと2500円前後が必要でが、一回調整するだけで光軸検査に通過できます。

車検の費用をなるべく安く抑えるには、カーディーラーやガソリンスタンドなどの料金体系を比較することはもちろん、同世代の人の体験談を参考にしましょう。