目から鱗!知って得する車検費用の内訳について

車検費用の内訳を気にしたことはありますか?

自動車を所有していれば2年に1度必ず受けなければいけない『車検』。

基準を満たすことで新たに2年間の公道での走行を許可されるのですが、その費用は決して安くはありませんよね。不良箇所が多い大型の自動車であれば新たに中古車を購入した方が安いなんていう事もあるのです。

そこで今回は、より安く車検を受けるためには必ず知っておきたい車検費用の内訳について説明していこうと思います。

まずは法定費用について知っておこう

法定費用とは、『自動車重量税』、『自賠責保険料』、『印紙代』などの国で定められている税金や保険料の総称です。国が法律で定めているものですので、どの店舗で車検を受けても必ず同額の費用が発生します。つまり割引は一切なく、必ず払わなければいけない費用ということになります。

では、その他の費用は?

法定費用以外に必要になるのは、『車検代行手数料』や『整備・部品交換費用』や『基本料(店舗によっては諸費用と呼ぶ)』などが挙げられます。これらは店舗の利益となる部分が大きい為、節約可能となることがあります。『車検代行手数料』は自社に認可された車検工場を持つ店舗では発生しない費用ですので、そのような店舗を選択することで省くことができますね。『整備・部品交換費用』については、車検を通すために交換せねばいけない箇所もありますから全てが省けるとはいきませんが、車検の検査項目にない部品の交換などを省くことで多少の節約は可能になります。最後に『基本料』と呼ばれるものです。この費用は店舗によって金額に大きなばらつきがありますので、より安い店舗を探すことで大きく費用を安く済ませることが可能になります。

エネオスで車検の手続きを取ることで、仕事帰りなどに愛車の引き取りができることはもちろん、費用が安く押されられることが魅力的です。